犬の1日の水分量計算機[取りすぎや水分不足の症状解説]

この計算ツールでは、愛犬の1日に必要な水分量を計算します。さらに水分の摂りすぎや水分不足の原因や見分け方を解説します。

犬の1日の水分量計算機

体重
kg
1日に必要な水分量は
その他の計算ツールを見る

目次

  • 01 犬が1日に必要な水分
  • 02 水分摂取が少なすぎ、多過ぎは要注意
  • 03 計算方法
01

犬が1日に必要な水分

水分の働き

犬の体の70%は水分でできていると言われています。

犬にとっても、健康を維持するために水分の摂取は欠かせないものです。

水分を取ることで、以下の様な働きを維持しています。

  • ・体温調節
  • ・血流中の酸素と栄養素の運搬
  • ・内臓、筋肉、関節の保護
  • ・老廃物の除去
 

このように水分は人間と同じ様に、犬にとっても非常に重要な栄養素です。

1日の必須水分量

犬が1日に必要とする必須水分量には、いくつかの説あります。例を下に挙げてみます。

  • ・体重1キロ当たり約65ml
  • ・体重の約10%
  • ・1日のエネルギー要求量と同等(kcal⇔ml)
  • 体重(kg)×0.75×132(ml)
計算ツールはこの計算方法を使用。
 

犬は1日の必須水分量をすべて飲み水から摂取しているわけではなく、食事に含まれる水分でも摂っています

ウェットフードを与えていると水の摂取が少ない場合があります。水分量の多い食事を与えている方は、その分を差し引いて考えるようにしましょう。

他にも気温が高いと飲む量が増えたり、老犬になると逆に減ったりします。

個体差によって多少の差が出てくることをご理解ください。

02

水分不足や、水分取りすぎは要注意

水分不足の場合

愛犬が必要な水分をとらないのが長く続く場合、脱水症状を起こしてしまいます。

脱水症状は申告な影響を及ぼしてしまいます。

  • 糖尿病
  • 腎臓疾患
  • ガン
 

水を適切に摂れているかは、ウオーターボウルの残量だけでは分かりません。水がこぼれていたり、長い毛に吸われたりしている場合があります。時々愛犬の体をチェックしてあげましょう。

  • 皮膚を引っ張っても、元に戻るのが遅い
  • 目がくぼんで見える
  • 歯茎が黒く乾燥している
  • 鼻や口が乾燥
 

上のような症状が出ていたら、脱水状態の可能性があります。

水を取り過ぎる場合

計算ツールで出た値より大きくオーバーした水分を飲む場合、基礎疾患の兆候の可能性があります。

  • 腎不全
  • ストレス性多飲
  • 低カリウム症
  • 副腎皮質ホルモン疾患
  • 尿崩症
  • 利尿剤の影響
 

愛犬が水を飲み過ぎる場合、獣医師に連れていくことをお勧めします。

03

計算方法

あなたは愛犬の体重を入力するだけです。

実際の計算方法は以下の通りです。

1日の必須水分量=体重(kg)×0.75×132(ml)

  活用ください。

関連するキーワード